7月7日

このブログをはじめて一年が経った。

短いようで 長いような

不思議な一年だった。

 

一年前と比べ、外に出ることが増えた。

たくさんの景色を見て、

たくさんの絵画を見て、

たくさんの人と関わり、

たくさんの話を共有して刺激を受けた。

楽しかった。嬉しかった。

 

ただ、ひとりいつもと同じ帰り道を歩いていると、どうしようもなく虚しくなった。

周りと比べては、悲しくなった。

 

変化することがすこしこわいと思った。

 

他人と分り合うことは難しい。

人を信じることは難しい。

一人で生きていくことは難しい。

 

言われた言葉たちが邪魔をするから、

人に甘えることができなくて、

頼ることができなくて、

周りのことばかり気にしている自分のことが

ますます嫌いになった。

(言い訳・・)

 

 自己満足ではあるけれど、あかしを残すためにこのブログを通して吐き出した言葉たちも、

描いている絵も、日々も、

いつか消えて無くなってしまうのではないか、と思うとすごく不安になる。

 認められなくても、

理解されなくても、

心の片隅に置いてもらえればそれだけで幸せなのにな。

 

いつか 生きていてよかった と心の底から思えるように。

 

明日が今日よりもすてきな一日になりますように。