7月20日

ちゅうとはんぱだから

ちゅうとはんぱに生きている。

ちゅうとはんぱだから

ちゅうとはんぱな気持ちしか知らない。

 

真っ白なキャンバスに感情をぶつけたら、

何層にも重なって、ぐちゃぐちゃになって、傷んで、ぼろぼろになって。

 

周りを見渡しても、

周りなんて見えていなくて、

澄んだ空気も、夏の空も、信号の赤も、

サラリーマンが落としたミンティアも、ティッシュ配りのお兄ちゃんも、君の声も、気持ちも、もっとあるはずなのに。

 

もどかしいな

救いようがないな

広告を非表示にする