7月20日

ちゅうとはんぱだから ちゅうとはんぱに生きている。 ちゅうとはんぱだから ちゅうとはんぱな気持ちしか知らない。 真っ白なキャンバスに感情をぶつけたら、 何層にも重なって、ぐちゃぐちゃになって、傷んで、ぼろぼろになって。 周りを見渡しても、 周りな…

6月25日

道端に落ちたアイスのような 片耳だけ聴こえなくなった イヤホンのような 放置されたお守りのような 折れた鉛筆の芯のような 安っぽいプラスチックのような 生温い炭酸のような 人生 この世にいること この世で生きていくこと 君といること 君がいないこと …